私たちと一緒に明日のコニシをつくりましょう!代表取締役社長  大丸 智夫

「社会の発展に貢献する」という絆でつながる組織にしたい。

当社はボンド事業と化成品事業の二つの事業で成り立っており、今までボンド事業は「住まい」の分野を中心としたメーカー、化成品事業は国内のお客様を中心とした商社として展開してきました。しかし、市場が非常に速いスピードで変化している現在、私たちもその変化に対応していかねばなりません。どのように変わっていくかを考え、具体的に実行していくことが今後の私たちの課題です。

そこで、目標達成に向けて社員の気持ちを一つにすべく、私は「経営理念」を大事にしていきたいと考えています。「堅実かつ積極的な経営」により、諸先輩方が築いてきた事業分野を大切にしつつ、同時に取捨選択をしながら新事業開拓を積極的に行ってまいります。

また、環境への配慮を基本において「品質第一」の信条のもと「新しい価値を創造し社会の発展に貢献する」ために、ボンド事業においては今までにない機能を持った接着剤やコニシオリジナルの樹脂や工法の開発を推進し、化成品事業においては海外展開や付加価値のある製品を提供していきます。

様々な個性があっていい。「やってやろう!」の意気の人を求めます。

私たちは変化していかねばなりません。その原動力となるのは、全社員の「やってやろう!」という気持ちです。現状に慣れてしまい、改善提案もなくただ漫然と働いているのでは、会社にとっても本人にとってもいい状態とは言えません。常に自分で考え行動し、各々の個性を活かして果敢にチャレンジして欲しいと思います。経営理念に共感し同じ目標に向かっているのなら、一直線でも遠回りでも構いません。様々な軌跡を描く社員の個性を受け入れる、包容力のある企業でありたいと考えています。

そして、目標達成のために「いい仕事をするぞ!」という気持ちに溢れている、明るくも緊張感のある職場を目指していきます。そのような職場は、素直な気持ちで人の意見に耳を傾けられる柔軟な人、またその上で自分の意見を持ち自分自身を見失わない強靱な人によって作られます。私はそのような人たちと力を集約し、これから先も社会から必要とされる会社にしていきたい。それを担うのは現場の社員とあなた自身です。さあ、私たちと一緒に明日のコニシをつくりませんか?

このページの先頭へ