コニシ+CSR 人と地球に優しいものづくり コニシの環境に対する姿勢と取り組みを紹介します。

環境に対する基本姿勢

グリーンスピリットで地球と生きる

GREEN SPIRIT

当社は、「環境・安全に関する経営基本方針」で、「製品の研究開発、生産、物流、販売の全工程にわたり安全性を心がけ、環境負荷低減に努める」ことを定めています。
ボンド部門では、人と地球環境に負担をかけない8つの前進テーマを設け、顕著な成果の見られた製品にそのテーマ名とともにグリーンスピリットマークをつけています。

グリーンスピリットとは?

グリーンスピリットとは、環境と安全に関するコニシの基本姿勢を表す言葉です。このマークは自然環境の象徴である植物の葉とコニシが深く関わる化学品をイメージするベンゼン環をモチーフとして、「化学と地球環境との共生」を表現しています。


もっと安全に/PRTR指定物質の削減と不使用。健康住宅対応製品、改正建築基準法適合製品の開発などが該当します。 空気を汚さない/溶剤形から水性形・無溶剤形へ。成果も着実に、長年取り組んでいるテーマです。 きちんと分別/分別廃棄のしやすい容器の採用。家庭用のプラスチックケースや業務用のエコボックスなど。 水を汚さない/移動現場で使用できる排水処理システム「クリーンマン」などを開発しました。
ごみを減らす/フィルムバック製品、ソーセージ型容器と専用カートリッジガンなどで貢献しています。 地球温暖化を防ぐ/高速接着・低温接着でエネルギー消費節減に寄与します。 資源を節約/再生プラスチック利用製品、木工用などのエコマーク認定(容器)製品で前進を図りました。 オゾン層を守る/エアゾール製品などでは早期にフロンを使用禁止にしました。

環境に対する取り組み

ISO14001登録証
ボンド ウルトラ多用途S・U

全製造拠点でISO14001認証を取得

当社はすべての製造拠点、研究開発拠点で、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を取得。環境負荷低減に向けて組織的・継続的に取り組んでいます。また2008年3月には当社の商事部門である化成品事業本部でISO14001認証を取得しました。販売部門においても環境負荷低減へ向けて環境対応型商品の販売を進めていきます。

人と地球に優しい接着剤への挑戦

当社は業界に先駆け、早い段階から環境対応製品の開発に取り組んできました。当社の接着剤は住宅施工に多く用いられています。そのため室内の化学物質汚染によるシックハウス症候群が問題視され始めた1990年代以降は、特にその対策に力を注いできました。
今まで当社が培ってきた合成技術で、環境汚染が危惧される「可塑剤」を用いない酢酸ビニル系接着剤の開発に着手。1999年には、業界で初めて可塑剤を含まない接着剤を市場に送り出しました。
その他にも、製品の「無溶剤化」や「水性化」を実現してきました。さらに、2002年には、高い機能性を備えながら環境に優しい新しいポリマーである「SUポリマー」の開発にも成功しました。
現在は、SUポリマーの用途拡大、さらなる新素材・技術の研究に取り組んでいます。


このページの先頭へ