企業情報

トップ  > 企業情報 > 生産品質への取り組み

生産品質への取り組み

品質方針

「生産者が1万本つくった商品でも、お客様には買った1本がすべて」

コニシは現在、滋賀・栃木・浦和の3つの生産工場を有しています。生産品目は、合計1,000種類以上にも及び、一般家庭用接着剤から工業用接着剤、建設土木用接着剤まで、社会のあらゆる分野へ進出しています。
多様なお客様に対して、最高の満足と最高の品質をお届けする。品質方針として掲げる「生産者が1万本つくった商品でも、お客様には買った1本がすべて」は、そんな発想から生まれました。誰もが理解しやすいこの言葉は、生産部門全体の進むべき方向性を指し示すとともに、社員一人ひとりの自覚と責任を促す指針となり、自ら考え行動に移す組織風土の確立につながっています。
顧客重視を貫き、常に学習する組織であること。この実践こそが、お客様との信頼関係を強固にしています。

品質保証

品質保証を具体化するため、多面的な活動を進めています

「お客様の手元に届くまでがコニシの責任」。品質保証の根底には、そのような考え方が息づいています。
メーカーの生命線と言える安全操業・安定供給を継続するために、災害や需要増加に備えた変化に即応できる柔軟な生産体制を構築。原料調達から出荷に至るまで徹底した品質管理を行うことはもちろん、営業と生産が直結した物流体制を確立し、高品質な輸送を実現しています。またISO9001に基づく品質マネジメントシステムを取り入れた多面的な活動を通じて、高度な品質を確保しています。

製品合理化

設備・仕組みの合理化を図り、高品質でスピーディな生産を行っています

レベルの高い品質を求めて、生産合理化を進めています。その一例が、生産ラインの自動化です。無駄を省いたシンプルな工程を構築することで、人為的ミスを大幅に削減。生産効率の改善によるコストダウンにもつながり、市場での競争力をより一層強めています。しかし、接着剤という化学製品の特性から、人の技・知恵・経験を必要とする工程が数多くあり、すべてを機械任せにはできません。そこで、生産担当者と生産設備を効果的に配置した効率の良い生産体制を築き、高品質な製品をスピーディに生産しています。

一貫生産設備を導入し、お客様満足を高める 「2wayパック®/アプリパック® シリーズ」一貫生産設備を導入し、お客様満足を高める 「2wayパック®/アプリパック® シリーズ」

研究・営業・生産担当者が一体となって開発した「ボンド KU 928C-X 2wayパック®」※は、接着剤そのものの高い機能性に加え、作業者が自分の好みに合った使用法を選択できるのが大きな特長です。コニシでは、容器製造は外部委託が主流ですが、今までにない独創的な製品であったため、容器の包装材から充填までを一貫して行う設備を導入しました。これにより、生産工程の合理化・効率化に止まらず、受注増加やラインアップの拡充にも素早く対応でき、市場からの高評価とお客様満足を同時に実現しています。

※本製品の詳細はこちら

生産拠点

栃木工場 浦和工場 滋賀工場
PC版サイトを見るスマホ版サイトを見る