企業情報

トップ  > 企業情報 > 事業内容 > ボンド事業 > 産業資材分野

事業内容

メーカーの「良品を届ける想い」をつなぐ 産業資材分野

ボンド事業 KONISHI Innovation

メーカーの「良品を届ける想い」をつなぐ 産業資材分野
製造現場それぞれに最適化
紙管製造ライン 鋼製ドアの製造 液晶パネルの固定

段ボールに紙袋、家電や携帯電話など…実は多くの方が何気なく日々接する様々なものを製造する産業資材分野でコニシの製品が活躍しています。産業資材分野の接着剤が使われるのは、主に工場の製造ライン。紙管、製本、製袋や段ボールなどの製造ラインで、またトラック保冷パネルや自動車内装部品などの製造ラインでもコニシの接着剤が使われています。製品の開発に際しては営業担当者が市場のニーズをまずキャッチし、お客様と一緒になって改良・修正を重ね完成品を仕上げていきます。それぞれが現場の都合に応じ、最適となるベストワンの製品づくりでご要望にお応えしています。
産業資材分野では接着剤に止まらず、自動車の座席シートやソファーのクッションなどのウレタン発泡材を型から抜く際に使用する「離型剤」や家電製品のパネル部分や液晶部分の固定等に使われるテープなど、コニシの製品が採用されています。これからは需要の高まっている電子・電機分野での接着剤や封止材といった製品提供に力を注いでいきます。

製品群紹介

コニシの技術が発揮できる新しい分野へ
2
コニシの技術が発揮できる新しい分野へ
自動車分野へ

産業資材分野のあらゆるシーンで活躍するコニシの製品。お客様の業種やニーズは多岐にわたり、要求される性能も様々です。その中でも特に、高い性能が求められるのは「自動車分野」と「電子・電機分野」。
自動車分野では、様々な環境下でも走行できる耐熱性や耐久性はもちろんのこと、ハイブリッド車・電気自動車への移行が急速に進む中で燃費改善に向けた軽量化をめざすなど、素材の転換が日々図られています。そうした動きを的確に捉えることが、重要な課題の一つとなっています。
自動車分野と同様に高度な技術が活用される電子・電機分野。近年は、LED照明関連の需要が高まりを見せており、過酷な環境に耐えられる性能に加え、難燃性や放熱性などが欠かせない要素です。

電子・電機分野へ

コニシは、各国の環境法規制への対応とともに、安全性と作業性を高いレベルで融合するために、これまでの性能にさらに磨きをかけています。そして、これからの自動車分野と電子・電機分野が必要とする製品の開発に、独自の技術力をもって取り組んでいます。

PC版サイトを見るスマホ版サイトを見る