企業情報

トップ  > 企業情報 > 事業内容 > ボンド事業 > 住関連分野

事業内容

生活者の「快適な暮らしへの想い」をつなぐ 住関連分野

ボンド事業 KONISHI Innovation

生活者の「快適な暮らしへの想い」をつなぐ 住関連分野
よりよい住まいづくりに貢献よりよい住まいづくりに貢献
フローリングの施工 外壁タイルの施工 床下地の施工

完成すれば見えなくなってしまうことがほとんどですが、住宅の床用接着剤、壁や天井などの内装やキッチンパネル用の接着剤、外壁のタイル用接着剤やシーリング材など住む人の細やかなご要望を実現させるため、家づくりに関わる様々なところでコニシの製品が活躍しています。
また空気中に放散される化学物質により起こるといわれる「シックハウス症候群」。社会的な取り組みが進んできたこの課題に対し、安全性・作業性・環境保全の3点から製品を見つめ、様々な技術革新により室内空気を汚さない製品を開発。住む人はもちろん、使う人の安全をも考えた製品づくりに努めています。その安心の証しは「F☆☆☆☆」の表示と「JAIA 4VOC基準適合」表示、また健康住宅対応の「GREEN SPIRIT」のマークに表れています。
住まいに対する価値観が変化し、長く暮らせる100年住宅・200年住宅への取り組みが始まった今、リフォームの際簡単にはがせ、下地を傷めない「リフォーム性」という機能をもった製品開発も行うなど、次代を見据えた社会のニーズにも積極的に応えていきます。

製品群紹介

ゴミを少なく、使い勝手のよさを追究した「ボンド KU928C-X 2wayパック® 」
2
ゴミを少なく、使い勝手のよさを追究した「ボンド KU928C-X 2wayパック® 」
手しぼり使用 カートリッジガン使用

これなら安心、これなら簡単。住宅やマンション建築に使用する床用接着剤に新容器を採用。紙管のカートリッジではなく、柔らかいフィルム包装紙を使用しています。使用後は小さく圧縮され、ゴミを紙管カートリッジの約10分1に減量することに成功しました。また省ゴミ化に加えて、作業性の向上も実現。簡易カートリッジに装着した使用法と、そのまま手で絞って使う2通りの使い方が自由に選択できます。
使用後のゴミを大幅に減らせるだけでなく、作業する人の好みや施工部位の特性にも考慮したこの製品。製造にあたっては、コニシでは初めて容器の包装材から製品の製造、充填までを一貫して行う設備を導入しました。これにより容器購入に関わる廃棄物の削減、生産工程の効率化によるエネルギーの削減も実現しています。

研究・営業・生産担当者による開発チーム 省ゴミ対策容器
PC版サイトを見るスマホ版サイトを見る